インシュレーターの行方Vol.02(完)

手始めに物のチョイスミスがあったので、参考にしてください。
・ハンズで売ってるブチルは片面がアルミシートなので、まず、それを剥がす作業が入ります。聞いた話ですと、オーディオ屋で売ってるブチルはツルツルした紙でサンドされてるので、直ぐに切って使えます。
・真鍮箔を0.08mmにしてみたら、気持ち厚いので加工が面倒だった。素直に0.05mmにするのが良いです。
・エポキシ系の樹脂を値段につられて、安い奴買ったんですが、硬化時間長すぎて、ちょっと扱いにくいです。5分位の物が使い安いと思います。
こんな反省点もありつつ、なんとか完成したわけです。結果、音は変わりました。鮮明に聞こえるようになったと思います。好みうんぬんの話ではなく、根本的に向上してると思います。これで1個500円ですから、試した甲斐があったというもんです。1万は出す気にならないが、4K円でこれだけの効果があるのは安いと思います。ブチルが余ったので、サランラップで巻いて、アンプ、CDプレーヤーの下に敷いて使おうかと思ってます。これの効果は期待してません。そこまで私の耳は良くないはず。更に思いつきなんですが、真鍮箔をもっと厚いのにして硬い円柱にそってハンマーで打ち出すのもありかと・・・これは見た目がすごくきれいになりそうですし。ブチルを鉛円柱でサンドした物をスッポリ入れて、余った部分を金バサミでちょきちょき・・・うん、想像では完璧だ。近い将来やってみようー。もしくは誰かにやって欲しい(笑。参考にしたサイトです。

Bookmark the permalink.

Comments are closed