英語の教材

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

 今、友達に英語を習い、日本語を教えてるんだけど、勉強方は同じ作者の小説の英語版を私が買い、友達が日本語版を買ってする方法で、去年の春から村上春樹の「羊を巡る冒険」を教材にして来たんだけど半分やった所で限界、マジで面白くない(W。登場人物の会話がくだらなすぎ、例えば、飛行機には名前が在って、バスにないのはなんで?てな話を何ページする、そんなのどうでもいいって。今まで村上春樹の作品を読まなかった理由が、ここに来て判明したね。そして、これもう読みたくないって言ったら、違うのに移行しようという事で、冗談半分で哲学でもやる?って言ったら、友達がノリノリ(^^;。てなわけで買ったのがドストエフスキーの「白痴」買ったわがいいが

文字小させードストエフスキーの本
文字ちいせーし
分厚いドストエフスキーの本
分厚いし

果たして読み終わるんだろうか?まー春樹よりは遙かに面白いだろう(ぷっ。あんたが白痴やんっていうつっこみはナシね。おもろないもんはおもろないんじゃ。

Bookmark the permalink.

Comments are closed