大人しか読んじゃいけません

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

 今頃ですが、友達から貰ったバレンタインのお品物をば

カエル チョコ

食えね?よ。そもそも、事の発端は、例のごとくMonty Pythonであった。コントの一つに「Crunchy Frog Chocolate」(サクサク蛙チョコレート)というのがある。私の勝手な解釈だが、多分、フランス人をゲテモノ食いである。と小バカにしたネタ。フランス人が経営する、チョコレート会社ウィゾ。そこの社長が、警察に調書を取られる場面がある。そこに出てきたチョコレートは↓こんな感じ
「生きた若い蛙を入れた、サクサク蛙チョコレート」
「バネ入りで、食べると口が血でドロドロになり、チョコレートと融合」
(ブラック過ぎに付き以下省略)
ま、そんなコントがあったもので、彼女はコレをくれたもよう・・・面白いけど、このチョコ蛙はどうすれば良いのでしょう?
1.白い蛙になるまで待つ
2.レンジにかけてみる
3.がんばって食べる
4.舌に乗せて記念撮影
5.爆竹を・・・(子供は残酷だ)

Bookmark the permalink.

Comments are closed