我輩はミサイル型である、弾頭はまだない。

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

 てことで、5.0ch用(サブウーハーなし)にスピーカーが5個欲しいが、ある程度の音質が予期されたセットものに興味はなく、そこそこの値段で高音質をめざすべく、自作にふみきったのでした。あーついにこの領域に来たか・・・。で、いろいろ調べると、故・長岡氏(有名人らしい)設計の5.1ch Matrix ウラヌスというSPがでてきた。制作費もそこそこだが、設置場所を考えると、スタンドを作る事も考えないといけない。そんなこんなで、うろうろ検索していると、塩ビ管スピーカーというのに出くわす。あっ、多分これだね。とピンと来たが、とりあえずウラヌスと塩ビ管*5本(ウーハーは要らない)で見積もりを出す。が、意外と金額の差はなかったw。まーいいや、面白そうだし、音も良いと言われてる(これが一番微妙)し、あのTime Domainにも似てるしで、作ることに決定!。私、御用達のSound Houseでスピーカーユニットが激安で売っていたので、FF85Kを5個まとめ買い。多分、最安値だと思うので、Fostexのユニットが欲しい人は要チェック。総評として、値段の割りには、細かな音まで出ており(ユニットのおかげ?)、低音もSPユニットのサイズのわりには良く出てる(塩ビ管のおかげ?)。一本5K円前後で、この価格帯の完成品よりは上出来。音好きな友達聞かせたら作りたいと言った。という感じ。細かな感想は製作工程(製作中)のページで。しばしおまちを。
長岡氏設計のSPは↓こちらでどうぞ。ありがたい図面付き
趣味の自作オーディオ

完成した塩ビ管スピーカー
Bookmark the permalink.

Comments are closed