サブウーハーは要らぬ

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

 とは言いつつも、仮にあったなら、どんな感じになるんだろうと思う。もちろん、サブウーハーに3万も出す気もないので、あのパイプスピーカー+サブウーハーを体験する事は無いだろう。と思っていたが・・・、使わなくなったギターアンプ(約1万円)があったのを思い出した。うむ、ギターはモノラルだ。スピーカーユニットの口径は20cm近くある、なんかサブウーハーっぽくねーか?インピーダンスは知らんが、ギターから出る音は小さいのアンプが必要なんだった。AVアンプのサブウーハー端子はピンプラグだ。これも音が小さいって事よな。じゃー試してみよう! ということで、ピンプラグにフォン変換プラグを付け、ギターアンプへぶすっとな。Vol、Gainは0にしておき、AVアンプをON!、ギターアンプをON!。Vol、Gainを徐々に上げると、ブォーンブォーンと鳴っている。ま、鳴る事は予想してたが、以外に使えそうw。いつ壊れるか判らないドキドキ感もあってか、迫力+緊張感がすばらしいw。これが5.1chの迫力なのか!。で、問題は使い続けて壊れないかどうかだ。取説みても、サブウーハーの出力インピーダンスはわからない、市販売りしてるサブウーハーを見てもよーわからんw。ま、壊れるまで使えるって事にしておこう。うむ、高級アンプならこんな野蛮はできない。ギターアンプもいらないし、AVアンプもメイン使用じゃないからいいかー。人には気軽に勧められないが、安いサブウーハー欲しい人にはいいのかも?いや、マネはしないでください。壊れても保障はしません。

Bookmark the permalink.

Comments are closed