STAX購入杯 独りMP3エンコ大会

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

 MP3といえば、今までエンコードは128Kbpsでやっていたが、STAXと電源コンセントを入れたので独り視聴大会を敢行した。エンコードはWAV、128、160、192、224、256、320Kbpsで、視聴ネタは、高音から低音まで音数大目で、ボーカルもあるPaul van DykのNothing But Youをチョイスです。今まで愛用していた128は、比較して直ぐに結果が出た。高音よりのハット系の音がフェイザーがかかったようになる。シャーンが、シュルルーンになっていた。128はもう却下です、全てエンコードしなおしですw。問題は残りのビットレート、どれも違いが判らない。オシロ、スペクトラムでみるとなんか削れてるっぽい?だが、聴いた限りではわからん。いくら入門機のSTAX(SRS-2020)といえど、この解像度だ。これでわからん違いがE2Cに判ろうか。スタジオ(または高性能な耳)なら違いが判るのかもしれんが・・・。ということで、暫くは160kbps、ステレオ、VBR無しで行こうと思う。さてエンコしなおすか・・・。

Bookmark the permalink.

Comments are closed