購入する前。と、した後。

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

 モニタリングスピーカー(以下モニタSP)を変更した。それに伴って、Mixerとかも変える事になった。
 SOLID Monitor → HS50M (サウンドハウスで買う)
 PM602FX → Yamaha MG10/2 (サウンドハウスでYamahaミキサーを買う)
 モニタSPだけで、完了させず、色々な参照用のスピーカーも必要らしいので、ヘッドフォン端子、ステレオへの出力、モニタSPへの出力、STAXへの出力が必要だと思った。差し替えでもいいかもしれんが、面倒くさがりな私がするとも思えない。すぐに切り替えて、参考程度にステレオで確認したいし、音によってはヘッドフォンでジックリ聴き込みたい。多少の音の劣化はあっても、Mixerがやはり欲しいところだ。
 HS50Mは+4dBバランス入力なので、PC?スピーカーまで+4dBでプロっぽく整えよう!なんて思った。しかし、オーディオボート(=サウンドカード、DTM用はこう呼ぶ事が多い)が-10dBと0dBのアンバランスにしか対応してなかったw。で、HS50Mは+4dBにしか対応してないと思って購入したが、実は背面のツマミで-10?+10?まで変更可能なのだった。初めてのRCA(ピン)以外のケーブルで、色々調べたが色々抜けてたなw、つーか企画が多過ぎんなんじゃい!
 で、モニタSP用にバランスのフォン-フォン(or フォン-XLR)なケーブルも必要だった。完成品ケーブルでは着色具合が判らないのと、高級ケーブルもどうかと思い自作にした。ケーブルレスが謳い文句のOyaide Straight Line110ADを選び、コネクタはステレオ用フォンにした。 1.5m×2で1万弱。決して安くはないが、同レベルの完成品よりは安いと信じたいw。そして、このケーブルは結構硬い。ミキサーに刺して30cmは直立してますw。L型のフォンにすれば良かったかな・・・。音は素直で、まさにケーブルレスな感じ。モニタリングには良いかもしれない。RCAケーブルも作ろうかなー。
TRSのプラグ
NEUTRIK
CANARE (カナレ)
TRSに使えるケーブル
Canare (カナレ) 4E6S
Mogami (モガミ) 2534

NUITRIKのStereoフォン+Oyaide Straightの図

 新品スピーカーなので、エージングもしようと思いXLO Test&Burn-inというCDも買った。これはこれで聴いてて面白い。(5曲目は頭がおかしくなりそうw)エージング(英語ではBurn-in?焼きこみ?)用の9曲目は、TVのノイズの様な音に低音から高音までうねるような音が混ぜられている。ラジオのチューニング中みたいな音。これなら、スピーカーを余す所なく動くに違いない。という印象。新品スピーカーには是非どうぞ。今年のMy Best CDに入れておこう。
 HS50Mはテーブルに置いて使うには、ちょっと低い。モニタSPだから、耳の高さにしないといかん。ていうことで、スタンドも自作した。MDFをハンズで切ってもらい、木工用ボンドで貼っただけ。2700円くらい。下にフェルト、スピーカーとの間にブチルゴムのラップ巻きを挟んだ。MDFは湿気に弱いらしいので、アクリル系スプレー(車用)で塗る予定。でも、それでもまだ低かったので、棚を上げる事になったw。
SP+台(前)
SP+台(横)
全体
 で、購入して3週間、スピーカー+ケーブル(+ミキサーも?)+俺耳エージングもそこそこにできたと思われる。この価格で、バイアンプで、高解像度でバランスよく鳴っていれば、家では十分かと思う。素人目だが、波形、オシレーター等見ながら聴いたが、ちゃんとその通りの音が出力されているっぽいし、高音の細かい音まで鳴るし、中音も綺麗に伸びるし、低音もこのクラスにしてはキッチリ鳴るし(設置方法によっては出過ぎる)。女性ボーカルものは気持ちが良いほどなる、AVなんか見るのもいいかもね(爆。遊びでクラシック聴いたが、上よりな軽い音になるらしい。クラシックは無しかな。早いテクノ聴いても、分解能がよく、一つ一つの音が聞き取れる。Sashaを聴いたらPANが中央から左右に別れてくシンセに気づいた、もちろん今までは気づかなかった。m-nus系のミニマル聴いても、リバーブの残響音、キックの粒、細かなPANの動きもハッキリ聴こえる。ジャズなんかも、楽器毎の音がしっかり鳴る、でも、ウッドベースの温かみはでないかな、ま、ジャズもいける。Paul Van Dykのヴォーカルモノも綺麗に鳴った。で、なによりも、音がわかりやすいので、曲づくり、Mixingが凄くしやすい。でも、これで音楽鑑賞はしようとは思わない。曲作り、ミキシングでメイン(これ一本で完結は無い)としての使用は非常に自分に合っていると思った。値段も安くて非常によろしい。次世代のSPが出たら、気軽に買い換えれるしね。そして、7畳の部屋でも鳴らしきれねーはしょうがないか?。今後は吸音材でデッドニングなどをして調整して行こうと計画中。
 HS50m以外にも試聴はしたが、
NF-01Aなどは金額の差と音質の差(カラー?)との折り合いが付かない。
KRKは高解像度でないし、低音出すぎ、SOLIDから買い換えるメリットが不明。
Mackieも低音出すぎ、解像度はまあまあ
Blue Skyは見た目はいいが、音は普通、ウーハーがじゃま。買い換えるメリット不明
その他にもあるが、値段と、SOLID Monitorからの乗り換えと、モニタリングのメインで使いたいのと、7畳の部屋という条件にはどれも該当せず

Bookmark the permalink.

Comments are closed