2chParty06

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

 とりあえず作品が完成して、客観的に観たが面白くないw。しかし出さないと始まらないので2ch Partyに出したが、他の参加者が急激にレベルUPしてたので、恥ずかしい限りでしたw。にしても、他のチームの進歩の具合が素晴らしい、日本のDemo Sceneも向上したなーなんて思う。私が貢献出来てないのは残念だが・・・。さて、問題は今後どうするか。新しい人ががんばってきてるので、Newbieでない私がレベルの低い作品を出さなくても良いかなと思う。音楽制作ももっと詰めたいし、英語ももっと勉強しないといけないし、これ以上の時間をDemoに割く事は困難。もちろん時間かけたからと言ってレベルの高い作品になるとも思わないが(もうちょっとマシになると自分に期待)。次は構成を考えて、それにオブジェクトモデルが必要なら気にせず使い、もう少し面白い作品に仕上げていきたい。なので、自分的には期限なし、完成した時に大会やってたら出そうと思う。当面はプログラムはグラニュラーシンセシス、音楽は引き続きミキシングが課題。
異なる環境でもそれなりに聴こえてるようなので、それなりにミキシングできてる感じかな。まだ目立つ部分があるらしいのでまだ発展途上中。ミキシングの概要を知っただけで、曲作る時点での考えが変わってきた、その為ミキシングが非常にしやすいトラックデータに仕上がっていた。重要なのは、各パートの帯域、波形データ同士の足し算、前後上下左右の位置、そして全体のバランスを意識する事、意識するだけで十分。あとはミキシング時にすれば良いと思う。

Bookmark the permalink.

Comments are closed