実録 電線病末期患者の徒然

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

ケーブルも数種類しか試してないので、タイトルは大嘘です。SPケーブルが富士電線 VCT3.5sqで落ち着いたかと思いきや、元というか普通というか、ニュートラルに戻したくなった。ニュートラルとして選んだのはCanare 4S8G(Gは受注生産品で、購入単位が数百mな、OFC(Oxygen Free Copper: 無酸素銅)電線)。個人で購入は無理だなーなんて思ってたら、 ケイズ・サウンド・クリエイトで通販(ヤフオク)してたので2日悩んで購入。VCTとかわらんだろうと思う、いや変わるんだけどね。ギラギラ感が消え、まとまり過ぎて、躍動感が無くなると思う。でも、一回ニュートラルにしてみたかった。だから聞き比べも敢えてせず、そのまま入れ替えて、それで視聴に耐え難く、著しく音質が劣化(AMラジオ並み?)してると感じたら、VCTに戻そうと思う。そうでないならOKとしよう。それにVCTは掃除の時に邪魔なので、もう少し取りまわしが楽な線にしたかった。RCAももっと柔らかいのが良いので、純正に戻すか、モガミ、カナレで自作かな。硬いケーブルはどうも取り扱いに気を使ってしまう、なんかわずらわしい・・・w。引越したら、BOSEを気持ち大きめモニタSPと入れ替え、アンプをAmcron(Crown)はHaflerにしてみようかと画策中。モニタSPは音楽鑑賞にもいけると思う。
おまけ(音楽関係のフリーウェアのLINK集らしい)
Audio Freeware for MAC and PC

Bookmark the permalink.

Comments are closed