kensingtonのトラックボール

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

テレテ テッテ テー、トラックボ??ル!ということで、2台目のトラックボールはケンジントン(日本代理店はNanayo)のExport Mouse White。1台目のMicrosoft Trackball Explorer(生産完了品)はヤフオクで売却。なぜか高額で売れたのでケンジントンはCD代くらいで買えた。
で、この手のデバイスは人間工学に基づく??というのが多い。確かに手の自然な角度にフィットするし、ボタンも自然な指先の位置に配置してにある。しかし、長時間使用すると腕、手首は痛くなる。家でも会社でもPCなので、もうしょうがないのだろうと思う。とりあえず、痛みが酷くならないように、左手でマウスつかったり、手首の角度変えたりしているが、会社でもMSのトラックボールだったので、家では手首に変化を与えるためにケンジントンにした。この昔から変わらない、人間工学に基づいてるか?と思えるようなデザインだが、ボールを支える、小さな玉が良いせいか、ボールが軽い。ボールの大きさも良い。ちょっと遠いボタンの位置も手の保護になりそうだ。ボールの周りにあるスクロール、指先でのスクロールも可能だが、数本の指でグリグリ回すこともできる、こんな微妙な運動が手首と腕を固定した態勢から開放してくれるきっかけになりそうだ。手にフィットする人間工学に基づいたマウス=体に優しい。とは言い切れないのかも。

kensington 図1
kensington 図2
kensington 図3

Kensington トラックボールの相場

Bookmark the permalink.

Comments are closed