プロの機材 その2

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

Paul van Dyk につづき、BTの機材一覧を発見。入手元
* Hartmon Neuron
* JP-8000
* JD-990
* Jupiter 4 and 8
* V-Synth and TD-20 V Drums
* Oberheim 4 voice
* Korg MS-20 and Mono Poly
* Sequential Circuts Pro-1
* the sickest ass new german synth we call the schweaty
(no idea it’s real name….they made only 70 of them)
* Kyma for OSX
* Csound
* Supercollider
Kymaは初めて聞いたが、調べてみると、なにやらすばらしいデバイスのようだ。欲しいかも。価格は40万弱。音楽機材の相場からいえば普通か。でも買えないなー。詳しく知りたい場合は→日本語の解説サイト
しかし、最後の3つを扱うなんて、相当PCと音楽機材に精通した人のようだ。大抵そういう人は曲がいまいちだったりするが、そうでない人もいるんだな。うむ素晴らしい人だ。更に、ソフトシンセなども愛用してるようで、Absynth、Reaktor、Cameleon5000なども愛用してるらしい。詳しくはこちらのPDFの記事で
Blogなどみてると、おもちゃの電子楽器などを分解してるので、電子機器にも詳しいのかも。理系であの綺麗なピアノのメロディー作れちゃうんだ。もっといかにもアーティストな人かと思ってました。世界に通用してる人は凄いな。やっぱり機材でなくて作ってる人間が重要。

Bookmark the permalink.

Comments are closed