コンプ、コンプレッサー、Compressor

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

 コンプのメーカーによる違いを知りたくて、「コンプの違い」なんて検索したら、このサイトが一番上に引っかかった、意味なし。
 私が知りたいのは、どのメーカーのコンプが良い悪いでは無く、そのメーカー毎の違いがどんだけ重要か、だ。我が家での実験状況として、DigitalFishPhonesのBLOCKFISH(フリー)、Alesis 3630(ハード)、WavesのRenaissance compressorでKickを圧縮、それぞれの違いが確認できたのだが、だから何?という結果だったw。3630はNoisyだという意見もあるようだが、我が家では確認できず、ケーブル配線の手間を考えるとソフトでも良いかと思った。BLOCKFISHは通常のコンプよりツマミが少ないので簡単に圧縮できるし、パネルを開けると細かく設定できたりする。ツマミが少なくて済むならそれに越した事は無い、しかも無料だし。Wavesは知人にやって貰ったので、操作感はよくわからんが、写真を見る限りコンプ知ってれば問題なしっぽい。フリーとWavesでは$200の差があるが、音的に$200も差はないのでは?。生楽器を録音する人には重要なのかもしれないけれど。
 結果的に「これが良い!」なんていう答えは出なかった。なので他の人の見識をと思い、知人に話を聞くと、音の違いをどんだけの人が判別出来てるかも微妙な感じだった。高級+有名なコンプを使うと、殆どの人は音が良いと言うらしい。未結線にもかかわらず(爆。
 という事で、エフェクターと同様に、音が自分の好みかどうかで決めて良さそうだ。というか、圧縮出来ればなんでも良いんだと思うw。目的は出っ張った部分を潰す事だから。良いのか?
 例えば、スポーツカーを選ぶなら、私はエリーゼかポルシェなんだが、理由はデザイン、性能、メカニズム、コンセプトが主な理由で(スポーツカーなので乗り心地は無視)、それらを追求した結果が高額な値段だと思っている。移動手段と考えれば、車なんて何でも良いはずだが、操作を楽しんだり、デザインみて楽しんだりしたかったら、それなりの対価が必要って事だな。
 コンプに戻って、音を潰す手段だから、現時点では何でも良いね。高級なハードを買えば、圧縮も出来て、操作感も楽しめ、外見でも楽しめる。おっ、そう考えると、普通のラック式のハードを買うのも面白くない。どうせなら、イタリア系デザイナーのデザインしたコンプが欲しいw。というか有っても良いんで無いか?。有田焼のコンプ、24Kインゴット削りだしコンプ、ジップロック・コンプ、竹製、どらえもん型・・・作ってみようかな。

Bookmark the permalink.

Comments are closed