脱・オーディオ宣言

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

Bose 363と入れ替える8inchクラスのモニタースピーカーを物色中にEVENTというブランドに遭遇、日本の代理店はサウンドハウス、激安販売で店舗のある楽器屋からは好かれてないので、視聴はSoundHouseでしか出来ないと思い、Sound Houseのショールーム行ってみた。場所は成田、電車で2H、遠すぎだ。評判が良いEVENTとは言え、視聴せずに買う事はできないし、そのまま候補からはずすのも惜しい。
363と入れ替えるスピーカーの条件は、ミキシングのしやすさは重視せず、鑑賞用に近く、ローもそこそこ鳴る。そんなSPならHS50mともカラーが違うので、ミキシングでも活用しつつ、普段聴きもできそう。そんな条件で見つけたのが、EVENTのTR8。バイアンプで低価格、HiFiくさいという評判もあるので、個性の強すぎず、聴き疲れの少ないSPと予想。
電車で2Hとはいえ、乗換えは2回。しかしいつもそうなのだが、千葉方面の路線が全くわからない。どこで急行乗ればいいのやら。路線図見ながらやっと着いた成田で、タクシーに乗換えて5分強。なんともいえない土地だな・・・。ま、町の感想は良いとして、ショールーム。広めの楽器屋という感じで、ギターとギターアンプ、PA用SPなどがそこそこ揃ってる。機材の運搬ケースなどもつんであり、SP、DAW関係を試す個室があり、そこで自由に視聴できるが、なぜかSPは1本づつの展示だw。一本でもSPの個性はきっちり判るので十分かもしれない。定位は判らないんだけど・・・。土地柄と店の雰囲気が同じ感じなのも面白い。なんていうか、発展しかけたけど、さびれた郊外って感じ。どうしてもEVENTを聞いてみたいとか、暇で・・・とか、成田山へ行ったついでとかなら行ってもいいかも。まー安いしサポートも良いので今後も利用させて頂きます。
さて、TR8を聞きに行ったのだが、ASP820/20 bas V2なども視聴してきた。ASPはローが明確に判る、むしろ出すぎ?、スタンドに乗ってたASP6の方がASP8よりも低音が強かったので、ASP8は更に出ると思われる。20/20 bas V2はASPよりも低音が強くなく、全体的にバランスが良い、HiFiに近いかもしれない。肝心のTR8は20/20BAS V2よりも荒い感じで、音的にもランクが一段落ちてると思う、ミキシングならこっちの方がわかりやすいかも。ローをガッツンガッツン鳴らしたいならASP、ミキシングならTR、全体的なバランスを求めるなら20/20bas v2という印象。HS50m、Msp5a、Generecの古いタイプ、Mackyのとかもあったが、HS50mはやはり好みのSPだった。買ってよかった。
それにしても8inchの大きさになると、音鳴ってますよという存在感というか、躍動感というか、色?が明確で良い。家用ラージモニターという位置付けでいいような気がする。にしても、家電屋にあるオーディオって割高だなー。
今後の予定。Boseは近々売る。予算オーバーだが、10年は使えると思うので、20/20bas v2 をポチっとした、スピーカースタンドを用意したいが、買える余裕がないので、自作(工具込みで1万)で済ます。暫くは何も買えないなw というか、自分のレベルでは贅沢過ぎな環境だ。もったいないなんて言われないようにしないと。
EVENT のモニタースピーカ

Bookmark the permalink.

Comments are closed