自作でスピーカースタンド

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

20/20 bas V2用にスピーカースタンドを作って見た。特に図面らしいものもネット上には無かったので、マキゾウのスタンドを参考に、20/20basに合いそうなサイズにした。
<材料>
・24mm厚のシナ合板(900*900)1枚
天板と底板は300*300
支柱は70mm*600mmの板を4枚使って、一辺94mmの角柱に
ハタガネ
持ってなかったので、30cm対応のを2セット(4本)
・木工用ボンド
・紙ヤスリとそれを挟む器具
表面をヤスリがけした方が良さそう
全部ハンズで揃えて9000円ちょい。塗装は場所もないのでパス。カットをオーダーして水曜に到着したので、早速組み立て開始。
1> 」 こんな部分を作る。柱になる板にボンドをタップリ塗り、体重をかけて圧着し、はみ出たボンドをボール紙で削ぎ取る。んで当て木をしてハタガネで挟んで数時間放置。
2> 「 も同様に作成、そして2対をこんな 「 」 感じに圧着。薄々予想はしてたが、カットの精度がイマイチ。この段階で隙間が出てきてしまったw。1、2を一機に作れば隙間をすくなくできそうだが、ハタガネが足りないねw カンナがあれば接着前に調整できそうだ。
とりあえず、今回はくっついてれば良しとしよう。そんなこんなで2日かけてスタンド2個完成。柱に砂とか石を入れようと思ったが、それなりに重みもあるので今回はなし。音に影響でたら詰める事にする。表面はそんなに汚くないので、ヤスリがけも今回はパス。結局の作業は、ボンドで貼っただけだったw。
御影石の上にインシュレーターを4個置き、スピーカースタンドを載せ、ブチルゴムのラップ巻きを4個敷き、スピーカーをセット。効果はテキメンで低音がしっかり安定し、床や棚を伝わった低音の膨張はほぼ無い。雑に作った割には十分過ぎる性能ではないだろうか・・・。

自作スピーカースタンド その1
こんな感じ1
自作スピーカースタンド その2
こんな感じ2
自作スピーカースタンド その3
こんな感じ3

脱・オーディオ宣言しつつも、オーディオ系サイトで仕入れた情報が役立っている。今後も自作系のネタは多少仕入れておこう。
見た目や手間を考えると、やはり既製品なんだが・・・。
サウンドハウス>
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / MST20: 5,800円
K&M ( ケーアンドエム ) / 26740: 10,000円(
ここら辺なら満足。でも8インチのスピーカーは乗らないような・・・
ULTIMATE ( アルティメイト ) / MS36B2: 17,800円
MIDDLE ATLANTIC ( ミドルアトランティック ) / EC-SPK36 DC: 38,000円

Bookmark the permalink.

Comments are closed