音楽機材とDIY、SDカード

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

 海外のフォーラムで発見、音楽機材のDIYフォーラムProdigy Professional Forum: The Lab。なんでこんなフォーラムまであるんだろうか?海外には面白い人がいっぱいだ。
 ということで、VU AND alalog AND meterで検索していたら、あの回路は動いたよ。っていう話が出てた。だから、うちのも動かないといけないんだが・・・動かないw。毎度の事ながら、学生時代に勉強してなかった事が悔やまれる。とりあえず、回路は問題無い、製作者と代替部品に問題があると思われる。代替品として買った部品のスペックを確認し、メーター近辺の抵抗値の見直ししよう。
 実験に使う入力音はBehringer CT100(サウンド・ハウスが安い)のケーブルテスター(CT?)についてるテスト・トーン。1kHz、440Hzを+4dBu、-10dBV、-50dBVで出力できる。ケーブル自作時の確認に購入し、不必要な機能と思っていたが、こんな所で役立ってしまった。Behringerに感謝。
Soundhouse: BEHRINGER ( ベリンガー ) / CT100 Cable Tester
 話変わって、5in1とか10in1といったメモリーカードリーダが多い。BartPEでFDDも必要なくなったしで5in1のをFDDベイに入れてみた。電源入れて見ると、なんとマイコンピューターに5台もドライブが増えた。もちろんカードは刺してない。かなり不愉快だ。なもんで、ディスクの管理(だったかな)で使用不可にしたんだが、SDカードだけは使うので不可にできなかった。半年程つかったのだが、最近SD以外の所に異様にホコリが詰まっていた。スマメ、メモリスティック、CFは持ってない上に、勝手にマウントされて、仕舞にはホコリまで詰まって腹立たしすぎる。即、外してやった。代わりに、SD/miniSD専用の抜き差しできるプリンストンPRD-SDMN3を買ってみた。スエード調のしっとりした手触りは微妙だが、SDカードさして、USBにブスッとできる。うむ、これで十分だ。2GのSDも5K円切ってるし、USBメモリ感覚で使うのも良いと思う(私にはUSBメモリーの用途は不明だが)。ちなみにプリンストン・ダイレクト・モールは送料無料。商売として成り立つのか?
既製品のVUメーター

Bookmark the permalink.

Comments are closed