とんでもないオチ

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

VUメータがやっとこさ動いたのだが、電源入れたて(無音時)の状態でも針が上がってしまう。

他の人のはどうなの?なんて質問したら、上がらずに一番左にあるという答えが帰ってきた。DC Offsetをブロックすれば良いんじゃないか?なんていう意見を頂いたので、DC Offsetを調べてみたら、ブロックする為にコンデンサ入れれば良いらしい。ということで、家にあったのをメーターと直列に繋ぐが、針がピクリとも動かない。そして音を入れても動かないw。

容量の問題?と思い、東急ハンズへ行き、2p?10pを数個買って試すが、針は動かず・・・。ちなみに電圧を測ると、数mVが出てるらしい。これじゃ針は動かないので、他の問題と思い。動かなかったとレスしたら、回路を見せてーと言われたので、見せたら、その回路はDC μAメーターをVUメーターとして使う回路だという話。

VUメーターを買ったのであれば、そのまま繋げば良い。と・・・・マジっすか(爆)。

メーターが壊れてないか確認する時に直に繋いだんだが、それで良かったのかよ。相変わらずアホな俺。じゃ謎も解決!!VUメーター プロジェクトは完了?。というか、この部品はどうすれば・・ていうかこのケースももっと小さくて良いって話。むしろ無くても良い。

んーあっちのサイトこっちのサイトではちゃんと回路作ってるから作らないといけないと思ったのだが、メモリパネルに惑わされてた模様、メーターって難しいな。
回路要らないのは良いとして、疑問が一つ。なぜスタジオ用のVUメーターは高いし、回路が付いてるのか。あっちのサイトで回路が必要なのは、「高い音でメーターが振れなかったから」と明記されてる(これは私の見落とし)。回路はなくてもVUメーターなら、VUメーターとして動くという事(高い音だけで動かないのはVUとして正解)だと思う。

こっちのサイトでは、メーターがチープな感じなので、μAとかのメータのメモリパネルをVU表記に治し、対数回路を用意したのかもしれない。完成品とし売ってるものはどうなんだろうか?。まさか内部でメーター直結なんて事はないだろうから、高級μAメーター+対数回路なんだろうか・・・。そうでないと、VUメーター2個3K円で済む話だからね。それに背面が分厚いVUメーターであっても、背面に対数回路が入ってるとは思えない。回路の所にある、Simple VU Meter Circuitに相当するものが入ってると予想。分解して見たい気もするが・・・。
とりあえず、折角部品もあるので、μAメータを買って作ってみようと思う。そして出来る事なら、知人の働くスタジオに持っていき、卓のVUメータと比較したいと思う。わざわざ回路も作る程の事なのだから、そこにはきっと違いがあるはず。TEAC製のVUメーターの精度はいか程のものか知りたい。といっても最重要視すべき事は、Mixingで使えるかどうかなんだけどね。
既製品のVUメーター

Bookmark the permalink.

Comments are closed