ラジカセ確認用

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

Mixing作業の一環でラジカセ確認をしようとPC用の安いSPを使おうと思い、売値1K円相当のSPを会社から借りて来ていたが、あまりにも恐ろしい音で、確認すら出来てるかあやすい。そもそも、一般家庭で一番普及している環境=ラジカセ。という仮定をし、Mixingしたものが、その環境でどの程度再現されるかを確認のみする作業のはず。1K円のPC用SPではそれすら厳しかった。電池一本で動くAMラジオ級かな。で、ラジカセ確認用に5K円も出したくないと思っていたのが、楽天の1円オークションをみいたら、Edifier R800TC(市場価格は2980円) というSPが出ていた。このSPは某掲示板でむかーし祭りになった代物。で、この1円オークションとやらは、高値を付けた上位12人が落札できるというシステムだったので、1800なら買ってもいいなーと思って入札したら落札してしまった。ちなみに最低額は1210円、最高額はなぜか4800円。で、問題はこの本体以外の費用だ。送料880円で、支払い方法は代引きのみで、手数料は315円…〆て3085円也。ぅて市場価格と変わらん。ぶらっと出かけたついでに買ってきましたって感じだな。なんだそれ。ちなみに、他の商品と一緒に買うと、送料サービスって事らしい。要は他のものも買う予定がある人はお得だねって事だったらしい。数百円の差だが、1200円くらいで落札しないとお得感はないかなー。みんな上手い商売やるもんだな&もっとしっかり読んどくべきだったなw。
で、本題に戻り。音についてだが、2980円のわりには音が良い。経験的にいうと9800円レベル?。BASSを変えるツマミがついてるけど、あやしい低音だ。トロンボーンのような、管の伸縮使って音を作った感じがする。もちろん、管を動かしてるわけではない。人の声もちょっとモコモコしてるから中音もなんか違う。高音は良くでてるけど、軽い。定位感は良く出てる。ラジカセの方が良いような気もするが、値段考えると、Edifierが安いね。ラジカセチェックにはこのレベルでいいかもね。仮にメインで活用したいなら、値段跳ね上がるけど、FOSTEX PM0.4とかまで行った方が、軽く別次元を体感できると思う。もちろん、PC用に売られている、同価格帯のモノよりはすばらしい音が出るだろう。日本が世界に誇る?スピーカーユニットメーカーのFOSTEX、ハズレる事もなさそうだ。きっと値段以上の仕事はすると思われる。

Bookmark the permalink.

Comments are closed