VGAカードを買ってみた

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

 といっても会社用。新しい部署に移ったが、そこはエンジニア系でないので、1GHz、Mem512MB(最大)という、古いPCしか支給してくれなかった(ぎりぎり間に合うとは思うのだが、ちょっと心細い)。気を使ってくれたのかモニタは19インチのLCDだったのだが、VGAがRiva128で、1280*1024で16Bitカラーが上限で、文字がにじむし、微妙に色数少ないしで、目が痛い。しかも、WinXP用のドライバがnVidiaからリリースされてないw。流石にVGA買ってくれとは言えない(言っても無理っぽい)ので、Riva128よりは近代的なのを自分で買おうと思った。2?3K円で買えるだろうし。
 ネットで中古探したが、GeForce2MX辺りが2K円以下だった。ジャンク箱にもっと安くあるかもしれないので、秋葉へ行った。じゃんぱらみたが、良い具合に古いVGAがない。それでSofmapへ行ったら、カノプーのSpectra F11という銘機が1600円で売られていた。おぉ、過去に高くて買えなかったボードがこんな捨て値で・・・。しかも週末は中古500円OFFらしく、1100円で買えてしまったw。すばらしい店だ。PCの時代的にも、GeForceMXが妥当と思うので大丈夫だろう。月曜からは快適な仕事ライフが過ごせるだろう・・・か?。
 で何気なく、新iPodを見ていたら、なんと新シリーズはギャップレス対応じゃないか!。LIVE MIXを聴いてて、微妙な曲間に悩まされてたものが、やっと解消されそうだ(買えばの話だ)。5年程前に、WinAMPで実装されて、すばらしい機能だと思い、携帯MP3プレーヤーで搭載されてるものを探した事もあった。iRiverのサポートに今後の改良に入るか問い合わせた事もあったw。もちろん、LIVE Mix聴く人工もたかがしれてたので、諦めて使い続けてきたのだった。欲しい・・・しかし、問題はiPod miniがまだ元気な事だ。バッテリ持ちは昔より衰えたが、全然実用レベル、容量も4Gでかわらんしな。壊れないと買いにくいなー。

Bookmark the permalink.

Comments are closed