ヘッドフォン買い換えか?

 AKGK271Sを暫く使って感じた事は、耳が潰れて痛い。そしてデカイから後頭部に僅かな隙間ができる。頭も大きい方では無いから、自分の体形に合ってないのかもしれない。初めはそんなに気にならなかったんだがなー。それで隙間を無くすために、顔面よりに装着するのだが、それが結果的に耳を圧迫するようだ。締め付けもSONY MDR-7506より強いのかも。ヘッドフォンにしては定位も良いし、中低音の盛り上がりが気になるが、全体的にもバランス良いし、解像度もまー満足なんだが・・・。ある程度長い時間使いたいので買換えしようと思った。今度は音質にデザインだけでなく、装着間も加味してみようと、視聴に新宿ヨドバシへ馳せ参じた。
 まずMDR7506で店の環境確認。やはり好みの音だ。ついでにMDR-CD900STを聴こうとしたら片方死亡w。K271Sもあったので環境確認に使用。開放型で買う予定はないがAKG K240Sを聴いてみたら、音場が広いし、バランスもいいし、解像度も高く、噂通りスタジオモニタ向きと思った。K271Sよりオススメだが、開放型なので場所を選ぶ。ちなみにAKG K171Sの小さいタイプ(ふた周り小さい)は装着間悪いわ、音聞こえ難いわで全く良さがわからん。で、今回の目当ては、K271選ぶ時に悩んだ、AUDIO TECHNICAATH-M40FS、SENNHEISER HD280 PRO、そして薦められたULTRASONE。値段的にPROline 550を選択。テクニカは解像度高過ぎで高音強すぎ、長い時間聴けなさそうでパス。ProlineはDJのしかなくて目当てのが聴けなかったが、DJ用なのに音質は良い、あら探しする作業より、鑑賞して楽しむのに使いたいヘッドフォンかなと思った。自分的にはもっと平坦でつまらない感じで、CD900STまでいかないのが好み、まさにMDR7506だなw。で、HD280は7506より解像度高い感じがしたし、定位もはっきりわかる。私は左耳が弱いのだが、その違いも見えるという代物で、良いのか悪いのかw、もちろん観賞用には微妙だな。日本のサイトではあまり評価はないが、海外では高評価。デザインがいまいちで前回はパスしたんだが、耳にあたらないようにスポンジも高めにできてるし、締め付けもそんなでもないっぽい(店のはへたりがあるので微妙)。K271よりこっち買うべきだったかも。とりあえず、HD280を買ってみよう。K271はドナドナ。
 で、あれよあれよと新曲ができてしまった。音数多いせいか、ミキシングが難しかった。マスタリングまでやって、リズムが面白くなくて、YouTubeでドラム レッスン ビデオなんかをみて作り直したりしてみた。自分でも珍しくカッコ良いと思える曲だったので、できるだけ納得いくものにしたかった。といっても、所詮自己満足の創作活動だから、私だけが大満足なのかもしれん。
新曲java
SENNHEISER HD280 PRO
SONY MDR-7506
AKG スタジオヘッドフォン シリーズ

Bookmark the permalink.

Comments are closed