VUメーター (終盤)

 以前買ったVUメーターは回路なしでOKだったというオチが付いてそのまま放置してた

VUメーター回路

ちょっと前に秋葉にFUJIの50μAメーター

FA-52

が2500円位で売られてた事を思い出し、回路を復活させようと思った。
 早速秋葉へ行き、FUJIのメーターを見た。お店の人にパネル交換できるか聞いたら、ボンドでくっついてるからねー。外れなくは無いけど・・・。という返事。他の店を再度巡回するが、1個5K円とか、8K円とかで買う気がうせる。選択肢はFUJIしかないのでとりあえず戻って2個買ってみた。支払いの時に中見せてもらったら、裏側にボンドが2滴垂らしてある程度の接着で、どちらかというと脱落防止な感じがせんでもない。 帰宅後、動く状態で保管してたブレッドボードを引っぱり出して、50μAメーターをつけてみたら、ちゃんと動いた。針も急に戻らないし良い感じだ。ついでに、トランジスタはBC549の代わりに、2SC945とBC550を使ったが、どちらも問題さそうだが、微妙に誤差とかあるのかな?動いてて判らないのでOKとしておく。
 μAの目盛りのまま使おうと思ったが、動いてるのを見ると、-20?+3の目盛りがないと良く判らない。てことで、

自分で作ってみた

下絵に例のサイトのパネルを使用。うむ、それっぽい。後は部品配置を考えて、ユニバーサル基盤にハンダ付けして完成。部品配置は頭使うので後日にしよう。
 結局のところ、全部で1万位かかるのかな。安いのか高いのかは不明だが、とりあえず色々遊べたのでよしとしよう。

VUメーターとμAメーター

既製品のVUメーター

Bookmark the permalink.

Comments are closed.