早すぎる起床

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

昨日は相当疲れてたようで、曲作りながら寝てしまい、夜中にベットに移動して、気が付いたら朝の6時だったw。バッチリ目が覚めてたので、美術館でも行こうかと、現在の展示を調べてみたら。
シャガール展
アムステルダム国立美術館所蔵展
ムンク展
ムンクとシャガールはゆっくり見たいので、平日に行きたい。てことで、行ったことない国立新美術館へ行った。10時に着いたが既に短い行列が。やっぱ一人で行く場合は休日は無しだな。で、大した下調べもせずに行ったのも悪いが、全然面白くない。
オランダ黄金期の風俗画=バブル期の何描いても売れる時代の絵
じゃないかと思われる。メインはフェルメールのしかなくて、実物みてもたいしたこと無い。個人的には絵は作家の思想と哲学をその独自の方法で表現したものだと思うので、この手の絵からは何も感じる事も得る事もない。生産されただけの古い絵にしか思えない。六本木美術館もそうだったが、あそこら辺の美術館はどうも嗜好に合わないな。

Bookmark the permalink.

Comments are closed