テルミンに続き

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

 大人の科学「シンセサイザー・クロニクル」を買った。相変わらず、組み立てるっていうレベルじゃなく、ネジ止めだけで「作る」楽しみは無い。10分もあれば完了。
 早速、音を鳴らすと色々遊べるのだが、もっとこういじりたいと思ってしまい、結局はPC起動してソフトシンセでいいや。となる。純粋にシンセで遊ぶ心が私にはないらしい。曲を作りたい気持ちの方が勝ってるのかもしれない。贅沢(近代的なシンセ)を知ってしまった以上、下の生活がし難いのと同じかもしれない、もう戻ることはできないw。もちろん古くても良いモノもあるが、古いから良いとは限らない。道具(楽器含む)なんかも、曲作りが目的であれば、便利な方が楽で良い。
 これは、シンプル過ぎてどうも手ごたえがない。これを何個か買って、ADSRとか作って、MIDI入力作って、それなりのシンセ作るのもアリだが、曲作りとは違う楽しみになってしまう。個人的には、自分で半田付けしたいので、基盤と部品のキットにして欲しい。そもそも、この半田づけ汚すぎる。多分、しばらくすると音鳴らなくなりそう。

Bookmark the permalink.

Comments are closed