ETFのセミナー

というより、勧誘ですが。ETFの仕組みがイマイチわからなかったので、買う気は始めから無いが参加してみた。
 自分の言葉で言い換えれば、日経225のETFであれば、日経225銘柄で運用している会社の発行する証券(株みたいなもん)を売買して差益を得る事。じゃないかと。ここで気になるのは、誰がどこでどういう利益を得ているか。それとリスク。
 証券取引所は、株と変わらず上場(維持)手数料かな。運用会社は、ファンドとして売ると、解約された時の資金の目減りがあるので、証券として上場して、一定金額を維持できる(確立が高くなるだけなのか?)。そして、管理手数料(委託金?)、株の配当金、株の売買差益、もしかしたら、貸し株の手数料。購入者は、売買の差のみ(配当はない)。なんかまだきっちり見えてこない。
 リスクは、運用会社が潰れた時。連動してるもの自体が値下がりした時。と言っていたが、連動してるもの(日経225、金など)から遥かに乖離した場合も入らないかな?
 過去の事例を出して、いかに乖離が少なく連動したかをグラフで見せていたが、株よりも人気がないのだから、それほど連動元からぶれるとは思えない。なんかの間違いでETFが大人気になったら、連動元よりも遥かに乖離する事もあるんじゃないのかな?日経225以上に値上がりしたり、それ以上に値下がりしたりとか・・・無いのかな?
 と、仕組みはなんとなく判ったが、細かいところまで見えないので個人的にはパス。身近な会社の方がまだ判り易くないか?

Bookmark the permalink.

Comments are closed.