PhenomII 940 BE

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

 2年ぶりにCPUを交換。このマザボ、メモリ規格で最後になるだろうと思い、良いのを買ってみた。個人的にはCPUの値段は上限1.5K円だったが、こちらは2.3K円。
 さて、CPU早速入れ替えて、OCすると3.6GHzで安定稼動。Superπは19秒。以前使ってたAthlon x64 4800+は29秒。とてつもなく速いし、体感できる速さだ。
 折角なのでOSも入れなおし、Cubaseも入れなおし、綺麗な環境を構築。過去の曲プロジェクトも、CPUメーター50%近いものが、10%。今はソフトシンセが12本なので、更に10本以上いけるのか?曲作りの初期工程で、ほぼ完成形までもっていけそう。でも、Mixing用にパラで書き出しはすると思うけど。
 腕とセンスを遥かに超えてしまったDAW環境、もう十分すぎる。曲作ってても、CPU、メモリが足りないなんて事はCubase6までなさそう。腕とセンスも入れ替えられたらいいんだけど、どこにも売ってはおらず・・・w
 関係ないが、最近このサイトデザインにも飽きてきた。音楽しかしてないので、メニューもいらねーなと。日記の分部のみにして、カテゴリー分類の構成、つまり普通のBlogにしようかなと。過去データを生かしつつとなると、カスタマイズしすぎたこのサイトが、腰を重くさせる。以外に簡単な気もするが、内部構成忘れたのでなんとも言えぬ。
(追記)
Cubase5でストレステストをやってみた。Absynth4 が25本あたりで、時々プチノイズ出る模様。搭載メモリ8GB中、6GB使ってくれるようで、8GB搭載も意味ありです。
 動画とったけど、TV消すの忘れてしまったw。ソフトシンセのロード作業が退屈で、TV見ながらしてたもので・・・。

Bookmark the permalink.

Comments are closed