バロンズ読みたし、されど無し?

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

 米国の投資専門マガジンBarron’sには色々興味深いネタが多いっぽい。日本語で「バロンス拾い読み」というサービスもあるらしいが、この手のジャンルは英語で読めた方が、後々自分にプラスになるに違いない。もちろん、専門用語だし、英語だして、はじめは理解できないと思うんだが。雑誌の内容が良かれ悪しかれ、専門用語に親しむだけでも損では無いはず。
 ということで、原版を探そうかと思うが、輸入雑誌って大きな書店じゃないとないわけで、どこまで行けばいいのかなーと。隣駅、新宿、池袋で攻めてみるか。オンラインで買えたら便利なのに。とりあえず、現物。内容みていけそうならオンライン版(日本から買えるかは不明)もありかもしれない。

Bookmark the permalink.

Comments are closed