部屋の模様替え

模様替えっていうか、吸音材を変えてみた。
ダンボードG7SONEX
防音とは違って、余分な高音を適度に落とす処理。やっぱ部屋の角が気になって、処理しようと思ったが、折角なのでSONEXでも試してみようかなと思った次第。
 ダンボードは厚いの買ったせいで、両面テープが持ちこたえられず、好きなところに貼れないw。しかもチクチクするから、あまり動かしたくない。
 一方SONEX。硬めのスポンジっぽいけど、普通のスポンジだったw。食器洗えそう。専用の接着剤(カチカチにならず、柔らかいガム状になる)で、ペタペタ簡単に貼れた。もちろんチクチクしない。
 貼る場所は、海外のForum見てると、スピーカと、リスニングポイントの間で、音が跳ね返る当り。数字でだせるのかもしれんが、そこまでシビアじゃなくてもいいかと。後はスピーカーの間。壁同士のコーナー。という感じ。参考→ GIK Acostics
前回のバスタオル効果に追加したので、興味ある場合はどうぞ。若干Volと、演奏部分違いますが、効果の違いが判るんでは?
部屋の音響調整テスト
ダンボードは壁のみ
1. HS50m
2. Event 20/20bas
ダンボードは壁のみ、コーナーにバスタオル
3. HS50m
4. Event 20/20bas
SONEXを壁と、コーナーに適宜
5. HS50m
6. Event 20/20bas
(TASCAM DR-07で録音)
↓こんな感じ
前のSONEX
後ろのSONEX

Bookmark the permalink.

Comments are closed.