Shureの長寿命化

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

 1年程で被服割れ(断線)が起こるShureシリーズ。Shureは自分には合うので、なんとか長寿命化を図り、使い続けたいところ。
 2008年2月に交換し、3月から愛用中のSE210が2箇所で被服割れ。1箇所は私が引っ掛けたせい。もう一箇所は、恒例の耳にかけるあたり。でも、今回は17ヶ月もった。長生きです。ゴム管の効果ありのよう。
 でも、ゴム管だと、ゴムが劣化し、ベトベトしてくるので、シリコンチューブに変更してみた。前回は耳にかける部分だけで、首に当る部分をカバーしておらず、その辺がカチカチになってきた。とりあえず、中がサビるまでは、このシリコンチューブを試験してみようかと思う。近々また新品を買うことになりそうなので、その時には役立つだろう。
 シリコンチューブは、外径3mm、内径2mm。ハンズで228円/m。カットにはまゆ切バサミがオススメ。チューブが細いので普通のハサミは厳しい。そしてポイントは「らせん状にカット」すること。直線に切ると、コードが外れてくるから。
眉きりバサミとシリコンチューブ
耳の部分から首の部分までカバーしてみた。
SE210とシリコンチューブ
んーシリコンチューブはちょっと重いなw

Bookmark the permalink.

Comments are closed