東京オペラシティ

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

またまた、ランチコンサート。本日は初台の東京オペラシティ。こちらも残念ながら写真禁止。入り口にカメラ、携帯禁止のボードがあるので、しゃーないかって感じ。係りの人に話しかけても、対応良い感じ。
東京芸術劇場のパイプを聴いてた時に、音の抜けが悪く、こもった印象で、迫力にかけた印象があったのだが、パイプってこんな感じだったかなー。と思ってたが、やっぱあれは音良くないようだ。ホールの反響音がまずいのか、広すぎるのか判らないけれど。
このオペラシティーのパイプは、音の抜けも良いし、つやもあるし、迫力もある。ホールも広くはないので、バランス取れてるのかもしれない。ヴィジュアルコンサートで、手元、足元をカメラ2台で写してるのも、パイプを知るには良いサービス。オルガニストによる、各曲の説明もあり、素晴らしい。こういう知ってもらおうという心意気は良いなと思った。
にしてもパイプって本当に凄い楽器だなと思う。こればかりは、自宅の機械じゃ再現できない。パイプを3000本も使うなんて思いついても、普通はやらないよな、いやー素晴らしい。
さて、サントリーホールも行ってるのだが、昔過ぎて忘れてるので、また行ってみようかな。あとはすみだトリフォニー行ったら、都内の大きいパイプは終わりかな?
ついでにICCへ行った。今まで無響室(上下左右に吸音材がある部屋で反響がほぼ無い)に入る機会に恵まれず、体験でき無かったのだが、今日は開放中、ラッキー。
丁度、子供達がワーワー騒いでくれたので、無響室を良く体感できた。無音の世界にいくと、脈の音が聞こえるので、無音の世界は存在しない。なんて話を思い出した。

Bookmark the permalink.

Comments are closed