Shure延命措置も空しく

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

 被覆割れしていた、Shure SE-210。シリコンチューブでカバーするも、錆びが発生。村上龍の一文だが、悪い事は見えないところで広がる。
SHURE SE-210の錆び
 音は鳴るけど、いつ切れてもおかしくないので、買い替えです。寿命は2年半(1回交換済み)。 しかし、サウンドハウスは安くていいなー。
 で到着。パッケージが変わったらしく、開けにくいし、捨てる時もかさ張るブリスターケースから、紙箱へ。ケーブルも変わったようで、一層柔らかいケーブルになっていた(写真:外側が旧モデル、内が新モデル)。とりあえず、慣らし運転して、シリコンチューブ被せて終わり。今回は何年もつかなー。
SHURE SE-210のケーブルが変わった

Bookmark the permalink.

Comments are closed