ベルギー幻想美術館

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

BUNKAMURAザ・ミュージアムで開催中の「ベルギー幻想美術館」展にいってきた。今回の展示期間は1ヶ月と短い。
象徴派(象徴主義)というのが主な展示内容だった。象徴派は初めてな気がするが、どうも目には見えないものを絵で表現しよう的な事が書かれていた。心象風景というか、非現実、空想、妄想といったところだろうか。そのせいなのかシュルレアリスムに通じるものもチラホラ。
展示はエッチングが多かったので、個人的にはあまり見るところがない。というかどこを見ていいのかポイントが判らない。油なら、筆使いや、絵の具の盛り具合、混ぜ具合なんかで、優しさや、強さといったところも楽しめるんだが。

Bookmark the permalink.

Comments are closed