京都1日目

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

また派遣なんだが、4月からの仕事が決まったので旅に来てみた。初めての京都。仕事で来た事あるのだが、夜まで博物館に篭ってたので外を知らずw。なのでやり直し。
<ホテル>
自転車借りれるビジネスホテルを探したら、シャトレーイン京都というがあった。しかも格安。一人旅にもってこい。
<徘徊コース>
5時起きで京都へ。とりあえず東側を回ってみる事に。
五条坂までバス移動し、清水寺へ。
二年坂経由で建仁寺へ。
八坂神社をスルーして祇園白川へ
加茂川沿いを三条駅へ
電車で七条駅、そして三十三間堂
七条駅から、鳥羽街道駅へ
光明院を見落としたまま東福寺へ北上
東福寺の一部と勘違いして即宗院へ
東福寺駅から京都駅へ・・・と思いつつ徒歩で移動
1日で周る無理がある範囲w
寺、神社、宗派はミックスなので、お祈りはせずに見学だけにした。調子こいて寺めぐりしてたら、拝観料も結構いくので心しておかないといけないw 1寺600円が相場?。うっかりミスで即宗院入ってしまった。寺、院が密接してる所もあるので、どこなのか確認してから入るべきだった。
<賃貸の相場>
ちなみに清水寺あたりの賃貸は、6畳で4万くらいという破格値。沖縄より安いんじゃないか?
<感想>
小さい寺、庭園は、それぞれ綺麗に作りこまれてるが、東京でも似たようなものは多少ある。寺、神社の大きさ、数では真似できないだろうが。
これだけの規模の寺は、どういう経済の仕組みがあって作られたのか不思議でならん。寺であれば、お布施、寄付などで賄うだろうが、この規模は無理だろう。寺一つなら資本が集中するかもしれないが、そうではない。それぞれの寺に貴族の後援とかが付いてた?それとも、国の公共事業?または、拝観料を見込んで作ったレジャー施設・・・もしコレなら、数百年も運営した巨大ビジネスだ。気が向いたら調べてみよう。
<食べた物>
地元の人が行きそうなお店を選ぶ。
お昼は三十三間堂付近でニシンそば。と思いきや、ニシンうどん。うどんが細くて、コシがなく柔らかい。つゆも東京で食べる京うどんより色が濃い。スーパーに寄ってみたら、「細いうどん」というのがあったので、京都は細いうどんが普通なのかも?味はちゃんと関西風だと思う。
おやつは、キオスクで買った「生八橋の皮」120円。コレは東京でも売って欲しい。
夜は、錦市場にあった地産地消のお店「京 倶楽部」。市場で売ってるらしい西京漬けの魚がとても美味しかった。量は少ないのでランチ、ダイエッター向け。
敢えて、メジャーな写真は無しで。

京都駅清水寺2年坂の桜祇園白川東福寺の桃瓦?東福寺の一部
Bookmark the permalink.

Comments are closed