Cubase 5.5 来たっ

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

Cubase 5.5がリリースされたので、早速ためす。64bit周りを強化したとの噂があったが、自分の環境だと、問題なのは
UAD-1 + Novation Automap +Cubase 64bit
なので、Cubaseが良くなっても、Automap ががんばってくれないと・・・と思っていた。
が、なんと 5.5 で綺麗に問題が解決されていた。Cubase が原因だったのかw
ということで、Cubase 64bit で快調に動いております。起動や、動作もマルチコア対応の恩恵を受け、Quad コアも大活躍。サクサク動いております♪
ついに、64Bit 安定動作の時代が来たのか・・・にしても、曲が全然仕上がらない。
Steinberg Cubase
追記:
z3ta+ は 32Bit版/64Bit版あるが、C5.5 64Bit版を使う場合、z3ta+も64Bit版呼ばないとハングるっぽい。てことで、面倒だが、z3ta+.dll を z3ta+64.dll なんて名前にしとくと、判りやすくて良いかもだ。いっそのこと、3rdパーティー製で64Bit版あるVSTiのDLLには、全部64と付けといてもいいかもしれん。
N.I Batteryは自動的に64Bit版を起動していたが、気が効いてて良いですな。

Bookmark the permalink.

Comments are closed