新曲: 3rd generation

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

なんとか新曲完成。
いつも通りの手順で作成。いつものようにMixingしつつ曲作り。
いつもの最終仕上げの方法だと、静かな部分が想定より大きくなるので、その辺も考慮しつつ作成。そして、仕上げのプロセッサーも減らして、元の音大きめにだして、ちょっとだけ音圧稼ぐ方法をとってみた。NEVE33609やFaire Childをリズムのメタル系にかけると面白い感じになる事をしった。こんな高価プロセッサーをつかえるのも、UADのなせる業。ありがたや。
で、今回から使い始めた、iZotope の Stutter Edit マスタリングソフト Ozone とか出してる会社が、BTと共同で開発したソフトらしい。
DEMO版使ったら、まんまBTサウンドで、使いすぎると似すぎるなーと心配だったが、FXで使うとかなり良い。てことで、キャンペーン特価なのもあり即購入。ダウンロードで買ったんだが、パッケージもでてたらしい。
サウンドハウス: iZotope Stutter Edit
で、ブレイクとか、後ろで流してる小さい音とか、終わりのところとかに使ってみた。個人的にはお気に入りなVST。

Bookmark the permalink.

Comments are closed