Mobile DAW

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

iPhone に続々音楽作成アプリが出てきて楽しいったらありゃしねぇ。は大袈裟だけど、それほど続々出てくる。何個か購入して入れてるんだが、ハードの起動も早いし、UI も使いやすいので、ちょっと作りたい気分な時には、ちょいちょいって感じで作れるのは便利。もちろん、家でも外でもだ。
今使ってるのが NanoStudio (800 円?)。UI は Cubase とか良くあるDAWと同じ感じ。NanoSync ってソフトでWifi経由で、PCへデータ(MIDI、WAV、プロジェクト?)のエクスポートもできる。MIDIの配置のみで、WAV 等が直貼りできないのが難点かな。でも付属のシンセがサンプラーにもなるので、それで賄う事もできる。基本は8トラックしか使えないので、それ以上ならば、400 円で拡張パックを購入する必要あり。
次に、MoDrum (値段忘れた)というのも最近購入。これはリズムループシーケンサーかな。808、909のような感じだが、珍しく32ステップ ループなのが気に入って買ってみた。キックなんかもSin派からの合成だからか、ローエンドまで入ってるようで良い感じ。
前にも書いたが、買って失敗したのは、FL Mobile Studio (1200円?)。FL持ってる人は良いかもね。Rompler なのでやりたい事が限られる。
で、iOS というか、各ソフトベンダーの協力もあり、それぞれのアプリで音をコピペする機能(AudioCopy)があるのが便利。MoDrum で作ったループを、NanoStudio のシンセに読み込ませ、NanoStudio で更にリズムや、ベースを入れるという使い方ができる。NanoStudio にはリズムループシーケンサーはないので、暇なときにMoDrumでリズムをせっせこ作るのですな。
でも、簡単には作れるんだが、個人的には最後の Mixing などは PC じゃないと無理かと思う。各音にEQやコンプかけたいし、トラックもスロットも足りない。なので、仕上げにはやはり使い慣れたCubaseが必要になるだろう。まだ1曲完成まで至っていないので予想。
昔、リブレット30というノート持ってた時、外でも音楽作れる環境が欲しいって事で、DOSを入れて、FastTracker(Impulsだったか?)を入れて持ち歩いてた時があるが、あれに比べたら雲泥の差の使い心地。本当に良い時代になった。
NanoStudio
MoDrum
iOS 音楽アプリ情報はこちらでどうぞ iPhone Music App

ダウンロードは以下のiTunes Storeで
NanoStudio:

 

Bookmark the permalink.

Comments are closed