カメラのアップグレード

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

色々調べてたら欲しくなってしまったw まず星空を撮ってみたい!で、APS-Cのカメラを物色。
APS-Cと言っても、入門機?中上級機まであり、レンズセットで4~20万と幅もある。珍しく相当迷ったw iPadなんてカメラと値段変わらんのに、一回触って即購入だったが、カメラはどれも一長一短で、あっちにあって、こっちに無い機能がわんさかある。
最終的に、自分の欲しい機能を満たす、一番安い物という結論に達した。
・APS-CのCMOS
・画素はこだわらない(もう必要十分で、最新モデルはありすぎ?)
・動画もいらない
・ダイヤル操作ができる (NEX-5シリーズ脱落)
・実用的なバリアングル (canon 60D脱落)
・GPS (ソニーとコンデジ数種)

最後の2つがある限り選択肢はSONYしかないんだが、これらを切り捨てるかどうかで悩んだ。元々写真用にGPSロガー買おうかと思ってたくらいなので、GPSはやっぱり欲しいのだ。
そんな条件で決めたのが、α55 (SLT-A55V)。α77、α67の発売も控えてるが、動画と画素数くらいが際立つ程度で、その差に10万もの価値を見いだせなかった。とはいえ、当初、そこまで必要なのかどうか?という思いもありつつα77を買う勢いではいたが、友達のα55でもいいじゃない?のお告げで、条件を列挙し直す事にしてみた次第。
ちなみに、レンズはタムロン 28-75。17-50と迷ったが、評判も良くフルサイズにも使える 28-75 にしてみた。画角的には17-50にしたかったのだが、サンプル見る限り、劇的に広いなーという印象は無かった。多分14くらいまで行かないとダメかもね。
望遠に関しては、欲を出せばきりがないので、割り切ってて、人気のある 18-200 とかは要らないだろうと。お店で試したら AF が劇的にノロかったので、折角AFが早いSONYなのに・・・と思った次第。
一つ残念なのはGF-1用に買った14-55よりも実際の画角が狭い所。しかし、なぜかしら、ネットで 28-75 で撮った写真を見てもその狭さは気にならないのは撮影者の腕だろうか?。ま、いざとなったらパノラマがあるので、それでいいんじゃないかと。
折角なので、GF-1+Vario 14-55 と α55+タムロン28-75 の物の比較を・・・ずいぶん大きさが違う。重さは丁度 1kg。レンズが大きく見えてアンバランスかな?と思ったが、横からの形は好き。車でいう所のS30Zやコルベットなどの、ロングノーズ・ショートテイル的なフォルムだね。良いかも。さて、どんだけマイクロフォーサーズと違いが出せる・出るのか楽しみであり、課題でもある。マイクロフォーサーズで良いじゃんって事もある得るのだろうか?

 

追記:
マイクロフォーサーズの14-55、APS-C の28-75は35㎜換算だと以下になる。

・マイクロフォーサーズ: 14-55 -> 28-110
・APS-C: 28-75 ->42-113 (SLT-A55Vは1.5倍)

 

SONY SLT-A55V
tamron A09 (SP AF 28-75mm F/2.8)
tamron B005 (SP AF 17-50mm F/2.8)

Bookmark the permalink.

Comments are closed