金峰山へ再チャレンジ

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

前回は計算間違いで頂上手前の1時間の所で断念。そもそも電車+バスでは、相当ハイペースでない限り日帰りは無理なのだったw

そこで、山小屋泊を計画してみた。もちろん山小屋泊は初めて。ザックも小さかったので、カメラの事も考え、40リットルのを買って、前回の登山でペットボトルを崖に落としてしまった(ポカリのボトルは角がなく良く転がる)事も考慮し、ハイドレーションパック(水袋にチューブが付いててザックにしまえる)を導入して、万全の態勢で挑んだ。あまりナメた事して遭難とかしたくなので多少の出費は致し方ない。ヘリ呼んだり、救助隊に何十人も労力使わせないのは、これも最低限のマナーであると思う。

 

山小屋のシステムも良くわからなかったので、当初疑問に思ってた事を、色々調べたり、思い出したのをまとめてみた。

[疑問]: 風呂は?
ない。 たぶん小屋でなく山荘だとあるっぽい

[疑問] 寝巻は?
ジャージ、スウェットなど。パジャマとかもたまに居るらしい。
ナイロン地のジャージ持ってったが、人多い、相布団、羽毛布団+毛布な山小屋だったので暑くて寝れんかった。
山登りと一緒で重ね着できるようにした方がいいかも。ちなみに耳栓、マスク(乾燥してる)は必須

[疑問] 日用品とか
基本雨水のようで、洗面所などないので、歯磨き粉なしで歯磨きするものらしい。糸ようじとか持ってきてる人も居た。
顔洗ってる人は見かけなかったな。ボディタオルで身体を拭いてるおばちゃんは居た。
女性用に更衣室(カーテンで仕切ってるだけ)はあった。

[疑問] 男女比
今回は、おばちゃんの団体、カップル数組、ソロ男数名、男同士数組、ソロ女子1人?
込む季節は、相布団もあるので、覚悟して行った方が良い。もちろん、今回は激込みだったので、見知らぬ男子と相布団。

[疑問] その他
繁忙期のご飯は通常営業よりは質落ちるみたい。お代わり自由だけど、晩御飯は(ともて美味しい)カレーだった。普段は豚肉のソテーってぽいものらしい。
あんな山の上で大人数賄うのは難しいと思うし、メロンとかまで付いてるので、十分。あんな山に良くメロン運んだなと、むしろ有り難い。

 

今回は泊まりだったので、無事に金峰山頂上にたどり着く事が出来た。翌日は、瑞牆山にもいく事にしたんだが、これがまた行楽地化してて、普通のスニーカーとかで登ってる家族多数。一応2500mくらいで、大きな岩を登ったりして辿り着く山なのだが、どうもその意識は皆無の模様。金峰山と数百mしか違わないのに、金峰山は登山客ばかり。不思議だな・・・

連休と紅葉シーズン入りという事もあり、山頂にはのぼり切れない人でいっぱい。100人乗っての大丈夫!状態だったので、直ぐに下山を開始。飯なんて山頂で食わんでも良いと思う人なので、寝転がれる大岩があったので、その上でごろごろしながら昼にした。岩はやっぱり楽しいw。

Flickr: パノラマ写真

Bookmark the permalink.

Comments are closed