ホストカンパニー探し

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

英語の勉強を兼ねて出歩いてたら、インターンシップで海外に行ったという人と出合った。
以前から海外に住みたかったのだが、ワーホーリで帰国した人は普通の生活に戻ってて、自分的にはどうかと思ってたら、年齢でいける国が徐々に減り・・・だからと言って外資系の会社に出入りはしていても、出張で行けた程度だし、現地で働くことは難しく、語学留学には資金が必要だし、興味のあるMBAは最低600万?で現実味が無く・・・・と、そんなときに耳にしたインターンシップだった。
その後色々調べたので、ざっとメモ
・インターンシップは見習い、研修生、会社によっては雑用
・アメリカの場合はそれ用のビザ(J1)がある
・お小遣いという名目の給料が出る。$0 ? $1500 (IT系は貰える事が多い)
・期間は3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、18ヶ月 (長いほうが喜ばれる)
・渡米までのサポートをしてくれる代理店がある(30万?100万)
・最短で、2ヶ月後にはいけるかもしれない(代理店によっては半年と言ってくる)
・英語レベルは最低TOEICで650 くらい(証明する必要はないっぽい)
・行けるどうかは、ホストカンパニーとビザの2つの関門がある
・現地での生活費が必要 (お小遣いだけで生活してる人もいるらしいが)
調べても、出てくるのは語学留学とかの情報ばかりで、インターンシップ関係の情報は余り豊富とは言えない。ビジネス的に金にならないんだと思う。
個人でも探そうと試みたが、学生向けインターンシップもあり、どっちに対しての募集かわからないのも多々あった。ひとまず、2社ほど出してみたが、返事すら来なかったので、代理店を利用する事にした。
今回お願いしたのは、Institute of Global Exchange (IGE)
理由は安いから。各社での値段の違いは、主に研修体制。研修がどれほど役立つのかわからないし、こちらの希望と、会社の提供物が金額にマッチするかも疑問だったので、可能な限り自分でなんとかする事を念頭に置き、安いサービスを選択した。サギだったとしても、最低限の損失で抑えたいという理由もあるが。
こちらは、今回利用しなかったが安かった
失敗しないロサンゼルス留学
渋谷や新宿に店舗構えてるところにも2社程行って話しを聞いてきたが、1社は案件が全然ないんですと断られ、留学を進められたw。もう一社はパンフなどしっかり作ってあり金額高い。
IGEさんのサイトは、全部ではないと思うが、そこでそのまま案件が探せるので、感じがつかみやすい。
実際やり取りしてても、全く問題ない対応。
自分の今後の仕事としては、オンラインショップより、できれば分析系な仕事がしたい。過去にやってて、自分に合ってると思えたし、社外や他部署とのやり取りも楽しいので、一通りやれる仕事であれば理想ではある。そんな事もありインターンシップ先も、オンラインショップなどをやっている企業で選んだ。
場所に関しては、NY、LAなどの大都市は仕事が豊富らしいが、今回は直ぐに出てこなかったので、ひとまずワシントンDC界隈の企業でチャレンジしてみた。
SKYPEで面接を3回程やっていただき、なんとか合格を頂くことができた。
ひとまず、ホストカンパニー探しは終了。
申し込みから3週間かな、細かいこだわりを捨てれば早いに違いない。何を目的とするか明確にさえなっていれば、切り捨てる部分は見えてくるだろうと思う。そして、妥協した部分に関しては、プラスの発想を付加しておく。今回の場合は、大都市でない部分は妥協点。でも、こういう機会でないとちょっとローカルな所に住める機会は少ないと思うし、大都市には多くのチャンスがあるので、1年後に行けるかもしれないという感じ。
さて、次は、問題のJ1ビザの面接だ。
大体受かるらしいが、落ちないわけではないので、情報は集めておきたい。
J1ビザの申請書類などは代理店によりやってくれる範囲が違うので、確認しておく必要がある。
後は、送金手段、住居を探す準備をしておく必要があるな。

Bookmark the permalink.

Comments are closed