Vaio F シリーズ

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

コストパフォーマンスのみで選んだVaio F (VPCF23AJ) が届いた。
早速リカバリーディスクを作成(一層DVDで4枚)し、パーテーション切って、SONYのアプリなど要らないのでOSを入れ直し。
で、クリーンなOSを入れたので、ドライバーを入れようと思いリカバリーディスクから入れるも、EatherとSD、MDなどのメディアカードのドライバーのみ何度やっても入らない。英語で、インストールしてあるから、一回アンインストールしてからやれ的な内容のメッセージがでて終る。
しかも、そのドライバーのインストールにはVAIOのユーティリティーを起動する必要があり、どうも.Net Frameworks4 が必要らしい。もちろん素のWin7には無いのでエラーになる。
普通さリカバリーのときって困ってるときだから、こういうモジュールに依存したプログラムは使うべきではないと思うのだが。なんのためのリカバリーなのかと。安いんだから、DELLみたいにドライバーDLって方がありがたい。なんでUS、UKのSONYはドライバーDLできるようにしてんのに、日本だけこんなことしてんだろう?やるなら、どんな環境でも動くようなユーティリティにして欲しいな。
で、SONYのは Disc 見ても、ドライバーがむき出しになってないので、Mod2Winとか使うらしいが、どうも上手く復元できないようで・・・結局フルリカバリーした。
パーテーションつくる所からやり直し。リカバリーエリアも強制で作成されるが、キャッシュ削除にして、Dドライブ分も作って復元。長ったるいリカバリーが終ったら、C:\Drivers をD:\にコピーして、再度OSを入れ直し。
デフォのOSで、Drivers フォルダー(600MBくらい)をDVDに焼いとけばなんも問題なかったようだ。初VAIOでSONYの作法が判らないので、色々手間取ってしまったが、これで一安心かな?
リカバリーエリアで1GB取られてるが、これくらいなら良しとしとこう。
CPU: Core i7-2760QM (2.40GHz)
MEM: 4GB (SAMSUNG PC3-10600)1枚、スロットは2個
HDD: 7200回転 500GB
モニタ: 16.4型ワイド 1920×1080
ACアダプター: 弁当箱サイズでデカイw
価格: 88800円也
MACなら20万コースですかねー。このガワさえもう少しデザインよければ申し分ない、多分かっこつけすぎなんじゃないかと思う。あとリカバリーディスクをもう少しまともに動くように。というか、ユーティリティとVAIO専用アプリ削ったらもっと安くならないかな?まさか新入社員の練習用にユーティリティとか作らせてないよね・・・?

Bookmark the permalink.

Comments are closed