VISA申請と面接予約

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

アメリカにインターンシップで長期滞在するには J-1 VISA と呼ばれる交流訪問ビザが必要。
VISAの種類
ビザの申請にはそれぞれの種類によって必要な書類が異なる。
J-1の場合は以下になる。
・DS-2019
・SEVIS (I-901) の支払い証明書
・DS-7002(トレーニングプラン)
上記3つはUSにある発行機関に出してもらう書類と支払い証明書で、今回はこちら全部代理店にお願いした。
自分でできる人はDS-2019発行機関(名前忘れた)、ホストカンパニーと直接やり取りして、書類などを作成する必要がある。出来上がった書類をみると、数枚の紙なので自分でもつくれそうだけど、全ての欄が埋まってるわけではなかったので、必要な項目、そうでない項目を選別する慣れは必要なのかもしれない。
VISA申請の面接には、これ以外にも以下の物が必要
・5cm x 5cm の写真とJPG (キタムラなどでデータも写真も作ってくれる
・レターパック 500 (VISA返信用、郵便局で買える)
・透明なクリアファイル
・DS-160 (面接予約した時に発行される)
・VISA申請料の領収書(領収書が必要なのでPay-easy 対応のATMで支払う必要あり)
米国大使館 チェックリス
通常通り面接を予約したら2週間後だった。 しかし、今回は時間の余裕もないので、緊急面接予約を活用してみた、申請理由を書き、なんとか数日後にやってもらえることになった。
ちょうどプリンターが壊れてたので、PDFに出力して、コンビニで印刷して、なんとか間に合わせることができた。
どうでもいい話だが、白黒1枚20円なので、プリンターとかインク買うことを考えると、コンビニで間に合うんじゃないかと思った。

Bookmark the permalink.

Comments are closed