National Air and Space Museum Udvar-Hazy Center

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

National Air and Space Museum, Steven F. Udvar-Hazy Center へ行ってきた。
姉が旅行でDCに来たので、一緒に行ってみた。車は無いのでメトロバスを使って、Dulles Airport まで行き、そこから$1くらいのシャトルバスで、15分程移動し、Udvar-Hazyに到着。
個人的な目当ては、スペースシャトル。小学生の時の蓋が沢山付いてた筆箱のせいか、スペースシャトルには特に引かれる物がある。
現役を引退した、Discovery は、先日747の機体の上に固定され、空輸されたのだった。運搬の情報を知らなかったので、折角のチャンスを見逃していた。
Udver-Hazy Center は航空機のみの展示で、DCの程内容の濃いものではないが、実機が展示されてるので、飛行機好きにはたまらないだろう。コンコルドなんかもあるし。
で、肝心のシャトルだが、黒い部分がタイルで、白い部分が断熱材の布のように見える。タイルの焼け焦げた跡が斜め上に走ってて、大気圏で焼けた部分なのかと思うとなんとも凄い事ではある。背中のアームが出る部分は、意外にちゃちい感じはしたが、全体的に金属らしさがないので重い印象がある。
なんていうか、焼き物を焼く窯が空を飛んでるイメージ。耐熱なのであながち間違っては無い気もするが。


concorde
?Discovery I?Discovery II

Discovery body
?Lockheed SR-71 Blackbird

Flickr:
National Air and Space Museum, Steven F. Udvar-Hazy Center

Bookmark the permalink.

Comments are closed