便利なショートカットキー

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

便利なショートカットキーを教えて欲しいと言われたが、結構困る。自分の中でショートカットキーの基本というか、最終的なところはマウスが無かったとしても操作ができる事である。そのため、ウィンドウのメニューの操作方法などを教えてみた。

一般的なWindows アプリケーションはメニューがある。
ファイル(F)、編集(E)、表示(V) ・・・ ヘルプ(H)
FireFox のメニュー

通常ALTキーはメニューをアクティブ(操作できる状態)にする。そこで、ALT キーを押して離す。
FireFox のメニュー アクティブ

次に、「ファイル(F)」と書いてあるので「F」 キーを押して離すと、ファイル メニューがずらっと表示される。
FireFox のメニュー の展開

次に、「ファイルを開く(O)…」と書いてあるので、「O」 キーを押して離すと、「ファイルを開く」ダイアログが表示される。

もちろん、となりに書いてある 「Ctrl + O 」 というショートカットキーでも同じ動作になる。しかし、ショートカットキーが無いけど、頻繁に使うメニューというのも意外にある。更にここでのポイントとして、Windows はキー操作を貯め込むので、実際にウィンドウが動いて無いように見えても、ALT、F、O、と連続でキーを押していけば、「ファイルを開く」ダイアログが開く事になる。従って、この方法を指に覚え込ませれば、操作がサクサク行える事になる。日頃のメニュー操作の際には、その操作が何キーなのかを意識しておくと良いかも。ショートカットキーと組み合わせれば、まず操作できないウィンドウはない。(アプリケーションによって時々ある)

Bookmark the permalink.

Comments are closed