GIZMOでRuntimeエラー

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

最近PCが遅くなって、ウィルスチェックもしたけど、何も引っかからない。という事でPCをお預かりした。

起動直後に、GIZMOのRUNTIMEエラーが発生して、CPUに高負荷がかかる状態になっていた。マルチコアだったので、CPU占有率は20%程度だったが、タスクマネージャーでみると、1コアだけ上の方でふらふら動いてるのが確認できた。

GIZMOというソフトが何者なのかは知らないが、バグでFlashがバージョンアップされると起こる問題だったようだ。エラー処理入れ忘れて無限ループでもしてるんだろうと思う。PCオーナーはこのエラーに関しては言及してなかったが、GIZMOのアップデートの状況からすると、長く放置されてたようだ。マルチコアなので負荷が分散されて気がつかないのかもしれない。

しかし、このアップデートを適用しても、速度が遅い状況は改善されなかった。

GIZMOの最新版

東芝製のPCだったので、アプリが色々自動起動してる。それらをまず停止、Windows 要らないサービス(Search インデックス)、効果音、ビジュアル効果などを全てオフって見たが改善せず。

しかし、なぜかセーフモードだと遅くならないので、どう考えてもサービスやアプリの影響のはずだが、上記の様に色々停止してみも改善されない。

ここまで来ると、ハードウェアが怪しい。遅くなるといえば、メモリーの書きこみエラーや、HDDの読み書きエラーでなんどもリトライしてる事がある。Memtestとかあったが、時間かかるので、HDDから確認。Windows 付属の不良セクターの確認から開始。

といっても、今どきのHDDは大容量なので、この不良セクターチェックも時間がかかるのだったw ということで、セットだけして一晩放置。しかし、寝る前に、既に何個か不良セクターが出てきた・・・これっぽいな。

そして、朝には完了しており、起動してみてると、遅くならない。これでほぼ間違いないだろう。サービスやアプリを再度起動するように設定して再起動しみると、全く問題ないようだ。

ついでに、Java、Acrobat readerをUpdateしてご返却。

初めから不良セクターチェックすべきだったのか迷うところではあるが、普通滅多に壊れないから、この手順で良かったはず。

Bookmark the permalink.

Comments are closed