Paul

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

久々のパンねた。

Washington DCにもパン屋のPaulがある。空いてる時間に行けなかったのだが、たまたま行く機会があったので物色してきた。

店構えは日本と同じ感じである。

20120925-235028.jpg

陳列棚をみると、パイ生地のパンばかりでゲンナリ… どうもこっちの人は、このパイ生地にクリームやジャムが入ったのが好きなのか、よく見かける。近所に日本のとロゴが同じビド・フランスがあるんだが、そこもそんなパンばかりである。

ワッフル、源氏パイみたいのと、カヌレは日本のと同じっぽい、見た目はね。フィグの固いパンとかは無いようだ。売り切れの可能性もあるが。マカロンは同じ感じのがあったが、どら焼きサイズのマカロンもあったが、一個$5近かったのでパス。

他には写真のような、タルトみたいのが多数あり。なんかお菓子屋色が強いかもしれない。

んーなんか残念だ。日本のと同じなら、また行きたかったんだが。

20120925-235859.jpg

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です