次はJoomla

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

Jasper Report Server はひとまず時間かかりそうなので、優先度を低にし、会社のWEBサイト用に、新規ページを作る件に注力する事にした。

現状としては、CMS (Content Management System) を使っておらず、以前のビジネスの都合上、カート付きショッピングサイトの OSCommerce を使用している。しかし、このOSCommerce はUTF8にネイティブ対応しておらず、DBには数値参照文字で記録されており、DBを見ても判らんし、時々HTMLにそのまま吐き出すので、テキストエディタで見ても、文字検索がもまともにできない。そして、PHPも大分古いのを使用しており、PHP4~5 で使用されなくなるファンクションの対策が必要なのだった。

また、現状としてBlogも作成者から原稿を貰い、それをHTML化して、PHPで表示という手間がかかり過ぎるシステムとなっているので、作成者がそのまま投稿できるシステムを取り入れたい。

これらの最終的な目標は、まともなエンジニアが居なくても、サイトの更新が行えるようにする事である。エンジニアはサイトのバックグランドの構築や必要な時だけの運用を行えばOKというような状況が理想である。というのも、私自信もここにどれくらい居るのかは判らないし、立地的にエンジニアが来る可能性も低いと考えているからである。私が辞めた場合でも、サイトの更新は止まってはいけない。

 

こんな状況なので、カスタマイズしたページを作る事ができ、記事の作成、投稿というルーチンタスクをWEB上で行うだけでサイトの更新はし続ける事ができるCMSが必要なのであった。今後はカートも要らないので、純粋にCMSだけあれば良いかと考えている。候補としては以下になる。
・XOOPS.ORG
Joomla.ORG
WordPress.ORG

それぞれの日本語サイトは以下になる。
日本 XOOPS ユーザーズ グループ
Joomla ! じゃぱん
WordPress 日本語

Drupal?も候補に挙げていたが、カスタマイズが出来過ぎて、とても手間がかかりそうなので辞めた。それぞれの特徴は比較サイト等を参考にして頂きたい。

Google: XOOPS JOOMLA WORDPRESS

 

最終的に、Jooml に決めたのだが、英語圏の人が管理する可能性も考慮し、カスタマイズのしやすさや、記事の管理のしやすさを考慮して、Joomlaにした。もちろん、投稿者にはシステム完成後、使用方法は教えないといけない。

今後の運用方法としては、現状のサイトに1ページとして、Joomlaで発行したページを使用。後々のサイトのリニューアルに合わせて、Joomlaで全部稼働という事を想定している。

 

まずは、現在のサイトのヘッダー、フッターなどを使用したテンプレート作りから始める事にする。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です