Cドライブには保存しない

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

最近のDELLは購入時にパーテーションを切って、Dドライブなども用意できる。パーテーションは何のために切るのか?と疑問に思う事もあるだろう。

一番のメリットは、OSを入れ直しても、Dドライブには影響しないので、バックアップの手間が省ける。とかくCドライブはキャッシュ、テンポラリーファイル、プログラムのインストールをする場所なので、断片化が起きやすい。長期保存したり、使用頻度が低い物に関してはDを用意して、そこで管理する方がメンテナンス性に優れている。

デスクトップはCドライブに存在してるので、なんでもかんでもデスクトップの置く習慣も避けた方が良いだろう。

そして、マイ ドキュメントは保存先を変更できるので、Dドライブにフォルダを作って、そこを指定しておけば、マイドキュメントに入れたものは自然にDドライブへ行く事になる。マイドキュメントは、ほぼすべてのアプリケーションの保存先として一番初めにでてくるので、これをDドライブにしておくことは、とても効果的である。

変更方法は、マイドキュメント(もしくはドキュメント)を右クリック →? プロパティ から設定可。

 

上記の方法でも、IE以外の、Firefox、Chrome などのブックマークは、Cドライブに保存されてしまうので、それぞれ Bookmark から Export するなどの対策が必要。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です