ブラウザでTooltipで日本語訳を表示する方法

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

WEB徘徊中に英語のサイトを読む必要が出てくるが、丸ごと翻訳したんじゃ勉強にならないし、そもそも訳した文章がが読みにくい。だからといって、一語一語翻訳サイトでしらべたりしても面倒なわけで、どうしたものかと。

先日、Kindleを見ていたら選択した単語だけ Tool Tip で訳語を表示するという機能がある事に気づき、早速ブラウザのプラグインでも出ていないか調べてみた。

 

Firefox、Chrome共に何種類か出ているようだが、それぞれのブラウザで以下を入れることにしてみた。どちらも、有効/無効に直に切り替えられるが、ページのロード後に有効にしても、翻訳はできないようなので、リロードか新規読み込みが必要である。

– Firefox: Inline Translator
– Chrome:?Babla Tooltip Translations

Inline Translator は Bing の翻訳機能を使用してるので設定(後述)が面倒であるが、見た目は理想的なシンプルさで、背景色なども変更できる。
Inline Translator

 

Babla Tooltip Translations?は設定は簡単だが、表示がシンプルでない。
BablaTooltipTranslations

 

メインブラウザーはFirefoxなので個人的には問題ない。Inline Translator の設定も1回やってしまえば後は必要ないので、Firefox愛用者であればお勧めである。設定は?開発者のサイト(Dead linkかも?) にあるが、判りにくいせいか、すんなとり設定できなかったw

設定の流れは以下になる。
・ Windows Azure アカウントを作成する(Live.com, Hotmail.co.jp, Hotmail.com, msn.comなどのMSN系アカウントでログイン)
・ 開発Applicationの登録
・ Inline Translator にクライアントID、顧客の秘密(Client Secret) を登録

 

実際の手順としては以下になる。
1. Windows Azure Market place の Windows Translator で、右上のログインから、MSN系メールアドレスを使ってログイン
2. 右側に並んでる価格一覧から、「2.000.000 文字/月 で0円 」でサインアップをクリック
3. 一番下の、開発 の アプリケーションの登録 をクリック
4. 以下の情報を入力
クライアントID: (Inline translator で使用するClient IDと同じものを入れる)
名前: (適宜)
顧客の秘密: (入力されている文字列をコピーして、Inline Translator の Client Secret に入れる)
リダイレクトURI: https://api.microsofttranslator.com
5. ブラウザのアドレスバー辺りに追加されたInline Translatorのアイコンから Preference を開き、Client ID と Client Secret を入力する。
6. 念の為Firefoxを再起動して、英語のページを新規で開いてから、単語をダブルクリック、または選択し、ツールチップが表示されるか確認する。

変更が必要な場所と、判りにくいリンクの場所は以下を参考にして下さい。

Inline Translator

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です