アメリカでクレジットカードを作る

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

アメリカでは、クレジットカードを作るのが大変と言われてる。

しかなしながら、簡単では無いが以下の方法でcitI thankyou カードを作成する事ができた。銀行側から勧誘が来たので、試しにやってみたら作れたってのが正しい(笑)

CITI Thankyou Card

CITI Thankyou Card

・citi に口座を作り三ヶ月メインバンクとして使用し、口座履歴を作る
・日本の過去6ヶ月の口座履歴をオンラインで出して印刷したものを提出(東京三菱UFJはある程度の履歴を表示できた)
・現在就業中である事の証明書(銀行が用意してくれたものに、ボスと自分でサイン)

これらの書類を準備したら、上限金額が給料分(トレイニーなので$1000 w)くらいのを発行してくれた。J1なので、沢山貰ってる人の場合は不明。

 

カードが1枚できたら、勧誘が沢山来るし、ヒストリー貯まったら他のも直ぐ作れるなんて話をチラホラ聞いていたが、勧誘は半年たっても2社(笑)。そして、Discoverの勧誘メールが来たのでリクエストだしたら、なんと審査で落ちた(笑) おかしい、半年くらい毎月使って、支払い遅延もしてないのに。

理由をみると、以下の3つがあげられていた。
・% of balance to credit limit too high on revolving accounts
・Too few account currently paid as agreed
・Lack of recent loan information
J1で給料とかちゃんと貰ってないし、ローンも組んでないし、それはそうなんだが。わざとリボルビング払いとかにしたら、ローン組んだ事になるのか?
バンカメクレジットカード作った同僚も、Discover に申請したようなので、どんな結果が来るだろうか。

という事で、クレジットヒストリーが貯まってないのか、貯まったけど選定が別にあるのか、または、本当に給料が低いからなのかは良くわからない。とりあえず、1枚作ったら2枚目もすぐ作れるってのは必ずしもそうではないようだ。

 

追記:
一枚クレジットカードを同時期に作ってた同僚は、先日Discoverの作成に成功したようだ。なんとなく思い出したのだが、給料の部分に年収でなく月収書いたような気がするw 次回勧誘はがき来たら、再度申し込んでみたいと思う。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です