TOEFL iBTの勉強を始める

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

Netflix で Star Trek、Sherlock Holmes などを観て、リスニングの勉強をしたり、Grammar In Use で基本文法の勉強をしたりしてるが、仕事が90%日本語というのもあってか、今の英語力でははっきり言って焦ってる、ほぼ1年もいるのに。また、Grammar In Use は役には立つけど面白くないので、なかなか進まないという難点もある。

H1 Visa の取得も検討してるので、後々転職するに現在の英語力では非常にまずい。折角IT関係のスキルがあるのに、チャンスが薄くなってしまう。また、Masters に Human Computer Interaction (HCI) のがあるようで、通常の仕事に転職できたら Masters も行きたいなという思いもあり TOEFL iBT の勉強をする事にした。GREに加えて、International の学生には要求される場合があるようだし、英語の底上げも兼ねてまずは TOEFL から始める事にした。学校によって要らない可能性もあるのかな?

 

早速、テキスト!と思いきや、日本語の解説のテキストが無いので、英語で解説されたテキストを購入。500ページもあるタウンページサイズの本が届いたw Reading、Writing、Listening、Speakingのコツがあるようなので、片っぱしからやっていくことにした。まえがきには、このページの英語が理解できない場合には、基礎の勉強を終わってから取り組むよう記載がある。ひとまず理解できたので進めるらしい。

Reading のArticle が、個人的に好きな内容で非常に勉強が楽しい。カッシーニとかAvidaとか、テキスト終わったら、ネットで調べてみようかなーと思えたりする。TOEICの時は、伝言メモ、チラシ、見積書とかで全く興味のそそらない内容。試験の目的が異なるのだから、当然といえば当然なのだが。そう考えると、日本の企業がTOEICスコアを採用してるのも理にかなってはいるのかもしれない。

語彙力もあげないといけないので、単語帳!と思いきや、こちらも英語の解説の本でチャレンジ。本ていうか、アプリだけど。しかしながら、解説に出てくる類義語、用例が全く知らない単語が多くて、ある程度覚えるまでは時間がかかりそう。どこでも出来るからなんとかなるだろう。

引き続き、Netflix、Grammar In Use も並行していく予定。

20130209-014127.jpg

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です