祖母と話せない

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

日本では聞いた事ない話だが、言葉が違うので祖母と殆ど話ができない。っていう話を聞いた。

彼女の母親はポーランド出身で、13歳頃に渡米したので、ポーランド語はほぼ当時のままで、英語の方が得意である。当然子育ても、アメリカだし英語で行い、特にポーランド語は必要無いと思ったのか、使い道が無いと思ったのか、教えられるレベルでは無いのかは判らないが、その娘である彼女にはポーランド語は堪能に話せるまでは教えていなかった。

当然、祖母はポーランドに住み続けてるので、英語を話せる事はないので、母の実家に行った際には、片言のポーランド語でしか話す事ができず、まともに会話にならないようだ。

こんな状況は日本ではまず考えられない状況だが、アメリカなら当然ある話に違いない。

会社にパートで来てる、エルサルバドル出身の男子は、13歳のころに家族とともに、アメリカに英語が話せない状況で来た。彼も子供が出来てスパニッシュを教えなかったら、きっとそういう状況になるんだろうな。ま、スパニッシュはアメリカでは使用頻度高いので教えるだろうけど。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です