アメリカ式の卒業式

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Share on RedditShare on TumblrEmail this to someone

ラッキーな事に、こちらの大学院の卒業式に参加する事ができた。5月だったのだが、書き忘れていた。

学校はGeorgetown Universityで、Georgetownにある学費が高いという噂の大学である。大統領クリトンが卒業した事で有名。ちょうど先日学校に来てる所に遭遇したので、iPhone で激写したが注釈入れないと判らない仕上がりとなったw

肝心の卒業式だが、日本での卒業式も遥か昔の出来事で、詳しく覚えて無くて、武道館でやった事、同学年に柔道の田村さん居たので取材陣が沢山来てた事しか覚えて無いので、比較のしようもないのだが・・・

 

こちらの卒業式の印象としては、あっさりしてる。院だから、大学の卒業式とはまた違うのかもしれないが、例の黒い四角い帽子に、ローブを来た生徒達がパイプいすに座り、偉い方2人だったかな?のお話があり、名前呼ばれた生徒が一人ずつステージみたいな所に行き、学長さん?と握手しながら記念写真を取り、希望者は卒業証書を受け取り戻る、以上で終了。2時間くらいだったろうか。

ローブの下は普段着のようで、ジーンズにポロシャツとか。日本人の子はスーツ着てた感じ。人種としては、アメリカ人だけでなく、南アジアやアフリカ?ヨーロッパなど色々な国から来てた感じがする。もしくは親がこちらに来て、アメリカで生まれ育ったのかもしれない。いずにしろ、この国際色の豊かさはアメリカの大学の良い所だと思う。こっちの大学でたかなったなと、やはり思ってしまう所ではある。

因みに、あの帽子を投げるシーンは、学校によるようで、禁止としてる学校もあるようだ。今回もそのシーンはみる事はなかった。

そういえば、こっちに来て違和感ありのシーンを良く見かけるのだが、iPad をカメラ代わりに使う人が多い。今回の卒業式でも、iPad片手に写真撮りまくってる人がチラホラ居た。そういえば、先日、無料Wifiのある店の駐車場でFacetimeやってるおばちゃんもみかけた。そんな感じで、普通のおばちゃんが持ち歩いてる程普及してるのもあるだろうが、日本だったら持ってても、人目を気にして使わないよのではないかと。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です